戻る

青森県七戸町字七戸

 

応永元年(1394)頃に勧請されたと伝えられている。七戸城から見て北東の方角で、城の鬼門鎮護の守護神だったとも考えられる。宝暦元年(1751)頃に伝えられた天王神楽は、優雅な舞と美しい調べで、貴重な郷土芸能として今も伝えられている。

明治初めに発令された神仏分離令により、一時須賀神社となったが、その後天王神社と改称された。

神社の境内には、上泉華陽画伯により造成された「つつじ園」があり、春になると樹齢300年以上といわれる大木を含め、約500本の山つつじが咲き乱れる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です