戻る

青森県七戸町字七戸

 

旧七戸郵便局は、昭和3年(1928)に建てられた四間半四方で、木造二階建て、寄棟、金属板葺きで、外壁は下見板貼、窓周りや軒下周り、玄関扉の意匠に当時の洋風建築の要素を取り入れている。

又、柱型を外壁側に張り出すことで建物を立体的に見せ、正面屋根に千鳥破風風の妻面を設えることで建物の正面性を強調している。旧七戸郵便局は昭和初期に建てられた特定郵便局舎建築として貴重で、平成12年(2000)、国の有形文化財に指定された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です