戻る

青森県十和田市字奥瀬

 

奥入瀬川本流にかかる唯一の滝で、高さは約7m、幅は約20mほどある。

ほぼ直角に切り立っているため、魚類がこの滝を上れず、かつて十和田湖には魚が全く住んでいなかったと云われている。

滝の名前の由来は、十和田湖を銚子(とっくり)に見立てると、ちょうどこの付近が注ぎ口にあたるということから来ていると伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です