山形県庄内町肝煎字丑ノ沢

震災前取材

 

熊谷神社は、出羽三山、善宝寺とともに庄内地方の霊場として、古くから信仰を集めてきた。しかし、いつの頃からか、熊谷三郎兵衛を祀っている。

熊谷三郎兵衛は慶安4年(1651)の慶安の変、世に言う「由比正雪の乱」の際に、由比正雪の高弟として過酷な藩政に苦しむ人々を救おうと活躍し、義民として各地にその伝説を伝えている。  熊谷は、由比正雪、丸橋忠弥らに呼応して、京都の二条城を占拠するという大役を担っていた一方の旗頭であった。しかしこの乱は事前に密告により発覚し、熊谷も捕縛され首をはねられたと云い、その墓は鶴岡市の法林寺にある。

しかし、京都より桐生の梅田に逃れ、この地で相馬三郎と名乗り、村人やその子弟たちに書や柔術を教え、惜しまれながらこの地で天寿を全うしたと言う伝説も残る。

 

・水稲「亀の尾」

この地は水稲の「亀の尾」発祥の地でもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です