スポンサーリンク

山形県庄内町深川字沼田

震災前取材

 

この地一帯は、大小の湖沼が散在し、江戸時代にはこの付近に赤沼という大きな沼があった。また、南北に川が流れていたともいい、この地は、漁労舟の休み場だったことから、「舟つなぎのツキ」と呼ばれるようになった。

また、この地を流れていた川は、この地で深い淵をつくっており、「深川」の地名は、これに由来するという。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です