山形県高畠町高安

震災前取材

 

延暦年間(781~805)、高安村に信心深い庄右衛門とおみねという庄屋夫婦が住んでいた。二人には子供がなく、猫を可愛がっていたが、なぜか次々と病死してしまう。そこで丈夫な猫が授かるように祈っていたところ、ある夜、夢枕に観音菩薩が現れ、「猫を与えるから大切に育てよ。さすれば村中安泰、養蚕も盛んになる」とお告げがあった。

翌朝庭に三毛猫が現れ、夫婦は大いに喜び、「玉」と名付け大切に育てていた。ところが歳月がたつにしたがい、不思議なことにおみねがどこへ行くにもかたときも離れず、寝起きはもちろんの事、特に便所へいくと、天井をにらみ今にも飛び掛らんばかりに耳を横にしてうなっている。

そのあまりの異様さに、思い余った庄右衛門は隠し持った刀で玉の首を切り落としてしまった。すると、玉の首は便所の屋根裏に向かって宙を飛び、そこに潜んでいた大蛇の首に噛み付き、大蛇を噛み殺した。

この大蛇は、70数年前に三毛犬、四毛犬に殺された古狸の怨念の姿であり、玉は庄屋夫婦を守っていたのだった。庄屋夫婦は大いにくやみ、村人たちとともに観音堂を建ててねんごろに弔い、「猫の宮」と称した。

以後、村人たちは猫を大切に育て、養蚕も盛んになったと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です