山形県高畠町高畠

震災前取材

 

詳細は不明であるが、鎌倉時代、高畠町内の高安で産出した石材で建立されたと伝えられる。

高畠町内には湯殿山碑が多くあり、湯殿山参拝の講中が盛んだったことがうかがえる。湯殿山は、真言修験で大日如来を本地としていることから、湯殿山と大日信仰が結びつき建立されたものと思われる。

また、旅人の道中の加護仏、足の神様として信仰を集め、今も下駄や草鞋の奉納が跡を絶たない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です