山形県白鷹町高玉

震災前取材

 

白鷹町には、伝説を伝える桜の古木が多くあるが、この桜もその内の一つである。 樹種はエドヒガンザクラ、樹高は約20m、胸高周りは約6m、推定樹齢は約800年

この地の地名は古くから「釜の越(かまのこし)」と呼ばれており、この桜の木の下の三個の巨石は、かつて後三年の役の際に、源義家がこの地に陣を置き、この石で竈を築き、兵糧を炊いたとの伝説がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です