山形県長井市舟場

震災前取材

 

元禄7年(1694)、白鷹町の黒滝下流の岩盤が開削されると、置賜、村山間にも最上川の航路が開かれ、酒田からの船が最上川を遡ってこの地方まで来るようになった。

米沢藩は、宮や小出に舟場をつくり、米沢藩の米輸送の基地とした。この地蔵の前の小道は、当時、舟場と十日町や大町を結ぶ重要な道になり、米やその他の物資の輸送で大いに賑わった。

この地蔵は、舟衆や引き子衆が舟運や作業の安全を祈願したものと思われる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です