山形県山形市村木沢

震災前取材

 

別名:村木沢楯

最上四十八楯の一つで、狐越街道よりの上杉勢に対する要地である。

楯主は神保隠岐守であったとされるが、出羽合戦の頃には、畑谷の城主であった江口五兵衛光清が楯主だったとも伝えられる。

出羽合戦では、上杉勢が退去するとき、この地に夜営したが、重傷の溝口左馬介がこの地で果てたと伝えられ、その首洗井戸が残っている。

大正4年(1915)、この地に佐倉の義民、木内宗吾の霊神を祀る霊場が開かれ、主郭跡には祠が建ち、いまでも「宗吾郎様」と呼ばれ、地元の崇敬を集めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です