山形県山形市平清水…萬松寺

震災前取材

 

山形城を最初に築城した斯波兼頼時代に建てられた山形城の大手門(南門)。最上義光が山形城を改築し、石垣城とするに当たり、旧城門に60石を付加し、萬松寺の山門とした。

中世の雰囲気を強く残した、素朴で実用的な城門である。山門の扁額「千歳山」は、上杉鷹山の師の細井平洲の筆と伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です