山形県山形市平清水

震災前取材

 

阿古耶姫の墓からさらに左手に山を上ると、鞍部に出て、少し開けた平地になっている。この平地が「千歳不老園」と名付けられた、大正天皇が皇太子の時に訪れた場所だという。この一画に阿古耶の松がある。

明治41年(1908)、大正天皇がこの地を訪れたときにはすでに阿古耶の松はなく伝説が残っているのみだった。これを惜しんだ大正天皇は、稚松の一株を手植えし、「二代阿古耶の松」と命名した。現在は幹周115cm、樹高約10mになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です