山形県山形市すげさわの丘

震災前取材

 

慶長5年(1600)9月、上杉景勝の命を受けた直江兼続は2万の大軍を率い、白鷹山を越えて山形盆地に攻め寄せた。その主力は兼続が指揮する精鋭部隊で、旧9月13日畑谷城を落とし、勢いに乗った直江軍の物見役は、早くもこの日菅沢山に入った。

この日は十三夜にあたり、驚いた村人達は餅を食わずに逃げたので、「十三夜の餅は早く食え」と今でも語り伝えられている。翌14日には直江兼続が菅沢山に到着し本陣を構えた。

本陣を構えて半月、最上勢と史上に残る激しい戦いが繰り広げられたが、関ヶ原の本戦で西軍が敗北した知らせが届き10月1日、深い朝もやの中を全軍引き上げた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です