山形県寒河江市本町三丁目…澄江寺

震災前取材

 

澄江寺は、長州の大寧寺を本寺古刹で、およそ500年前に、寒河江大江氏十三代の大江知廣によって開かれたと伝えられる。

その山門は、その前身は寒河江城三の丸の辰巳門だったと伝えられる。山門は、三間一戸の薬医門で、建物に施された彫刻や絵模様は、江戸時代前期の特徴を示している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です