山形県東根市六月坂

震災前取材

 

大昔、現在の最上川を中心に、この地に広がる広い平地は「藻ヶ湖」と呼ばれる湖だった。その東の山岸を東根と呼び、西の山岸を西根と呼んだ。

東の山岸を通るこの道は当時重要な交通路で、この地は東根から楯岡へ、楯岡から東根への荷物を受け渡して運搬の安全を祈り、この地に地蔵が建立されたものと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です