2012/07/10

 

歴史散策⇒斗南ヶ丘市街地跡

尻屋崎から県道を南西に走りむつ市に入った。むつ市の市街地での散策の多くは、斗南藩関連のものだった。会津藩は会津戦争で敗れ、賊軍の汚名を着せられ、この斗南の地に移された。会津藩士は新天地の開拓に希望をもって入植したが、実際は会津藩丸ごとの「流刑」だったのだろう。

この斗南ヶ丘の地は、会津藩士たちが市街地を形成した跡だということだ。斗南藩は明治2年に成立し、明治3年春に入植が始まったが、翌年の明治4年には廃藩置県となっている。当初は大湊を拠点港とするなどの遠大な構想も有ったようだが、廃藩置県により、幼い藩主も上京したことで核を失い、また厳しい自然環境で食料を得ることも難しい中、多くの者がこの地を去り、開拓は挫折した。付近には会津藩士の墓があり、この地の生き残りの方が今も守っている。

「斗南」の名は、漢詩の「北斗以南皆帝州」から来ているとされ、会津戦争に敗れ朝敵の汚名をきたものの、「朝敵にあらず」の秘めたる思いだったのだろう。会津藩は、京都守護職として禁門の変で長州藩を退け、孝明天皇から宸翰と御製を賜り、それを誇りとしていた。「斗南」の藩名は、彼らのそのような思いを表したものだろう。しかし、時代の流れはそれすら押しつぶした。

この地に、「秩父宮両殿下御成記念碑」が立っている。これは明治維新から60年後の昭和3年、大正天皇の皇子の秩父宮と松平容保の孫娘にあたる松平勢津子の婚礼が執り行われ、昭和11年、秩父宮両殿下がこの地を訪れたときに建てられたものだ。この御成婚は、会津藩の関係者にとっては、それまで朝敵として蔑まれてきた会津藩の復権と捉えられたようだ。

この地への秩父宮両殿下の訪問に際しては、会津戦争で親族知人を失い、この地の開拓での苦節60年、さらにまた多くの命を失った会津藩の関係者らは感涙にむせんだことだろう。このさほど広いわけでもない、忘れ去られたような小公園は、この地の多くの方々の血と涙の地であり、小さな希望を繋いできた地なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です