山形県鶴岡市由良

震災前取材

鶴岡市の由良海岸には、出羽三山を開いた蜂子皇子の伝説が伝えられる。

今よりおよそ1400年前、蜂子皇子は都を追われ、丹後の由良浜より海路北上を続けていた。由良海岸の沖を進んでいると、荒波にそそり立つ絶壁と、神秘的な洞窟群がある八乙女浦の巌上で、八人の麗し乙女達が、笛を鳴らし、舞いながら皇子を迎えた。皇子はこの地に上陸し、三本足のカラスに導かれ、羽黒山に赴いたと云う。

また、この地の洞窟は、羽黒山頂の神の井戸とつながっているとも伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です