山形県村山市本飯田

震災前取材

 

最上家隆昌の頃から、羽州街道の傍らにその端麗な姿で人目を引いていた。もとは、相生松として、雌雄二株の松だったが、雌株が大正12年(1923)の雪で折れ枯れてしまった。

尾上の松は笠状に枝が四方に垂れ、枝端は地面に届こうとしている。推定樹齢は約600年で、樹囲目通り3.45m、樹高20mある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です