山形県鶴岡市家中新町…到道博物館内

震災前取材

この建物は、明治17年(1884)に建てられた旧鶴岡警察署庁舎である。

初代県令三島通庸が、明治新政府の威容を表すべく建築したといわれ、木造入母屋造りの堂々たる外観を示している。

外部窓廻りなどにルネサンス様式を模しているが、屋根の大棟、破風妻飾りなどには在来様式を巧みに取り入れた、明治初期の擬洋風建築である。

当初は、鶴岡市馬場町の現在の物産館前に建てられたが、昭和32年(1957)の鶴岡警察署移転に伴い、現在地に移築復元した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です