山形県天童市天童字城山

震災前取材

 

天正12年(1584)、天童城は最上義光によって攻略され、城主天童頼久は仙台領に逃れた。義光は直ちに城跡の山頂に愛宕神社を造営し、社領1千370石を寄進し、里見氏の氏神を遷宮し大祭を行った。

一説には、この城地があまりにも堅固なため、義光は本丸跡に愛宕神社を勧請し、城地に再利用されるのを防いだと伝わる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です