山形県天童市高擶…清池八幡神社境内

震災前取材

 

清池(しょうげ)八幡神社は、寛治6年(1062)、源義家の家臣鎌倉権五郎景政が創建したと伝えられる。

御手洗池(おみだらせん)は本殿の背後にあり、目を射られた景政が矢を抜き取り、目を洗ったと伝える。

以来、涸れることなく霊泉として崇敬され、清池の地名もこの池に由来すると伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です