山形県戸沢村古口

震災前取材

 

最上川は戸沢村古口を過ぎた辺りから山が迫り、清川辺りまで峡谷の様相をていす。この最上峡に細く流れ落ちる滝が白糸の滝である。

源義経一行は、平泉へ落ちる際にこの最上川を上った。白糸の滝は、昔から都人にも聞こえた名勝で、義経も北の方もこの景色に感じて歌を詠んだと云う。

最上川 瀬々の白波つきさへて よるおもしろき 白糸の滝    … 義経

もがみ川 せせの岩浪せきとめよ よらてそ通る 白糸の滝    … 北の方

ひきまわす うちばはゆみにあらねども たかやてさるを 射て見つる哉  … 北の方

松尾芭蕉と曾良は、新庄の本合海から乗船し、最上川を清川まで下っている。五月雨を集めた最上川の急流と、周囲の緑萌え立つ峡谷の景観に心を奪われたのだろう、「奥の細道」には次のように記している。

最上川は、みちのくより出て、山形を水上とす。ごてん、はやぶさなど云おそろしき難所有。板敷山の北を流て、果は酒田の海に入。左右山覆ひ、茂みの中に船を下す。是に稲つみたるをや、いな船といふならし。白糸の滝は青葉の隙々(ひまひま)に落て、仙人堂、岸に臨て立。水みなぎつて舟あやうし。

五月雨を あつめて早し 最上川

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です