山形県戸沢村古口

震災前取材

 

この館は、秋保飛騨守の居城であったと伝えられるが詳細は定かではない。飛騨守は、最上義光の書状「古口殿」で知られるが、清水氏の支配下の楯主だったとも考えられる。

この地は水路最上川と陸路板敷越え入口をもち、交通面、軍事面ともに重要な役割を果たしていたと考えられる。

城域は東西に長く、主郭跡は思ったよりも広い。北面を大河最上川が流れ、突き出た台地に空掘をまわした山城のつくりとなっている。主郭跡と思われる平場は、現在は畑地になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です