山形県大石田町大石田丙…浄願寺

震災前取材

 

大石田の浄願寺の山門は、尾花沢市の延沢城の裏門を移築したものと伝えられている。延沢城は最上氏の重臣延沢氏の居城だったが、最上氏の改易にともない廃城になった。

屋根は入母屋造りで、間口が5.7m、奥行3.3mの平棟門で、主要部材はケヤキでできている。金具や彫り物の形状から、近世初期頃のものと考えられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です