山形県新庄市鳥越

震災前取材

 

江戸幕府は五街道を中心に宿駅を定め、江戸日本橋を基点として、一里ごとに塚を築き旅の目印とした。

この塚は羽州街道の一里塚として設けられたもので、塚の上にはブナが植えられている。かつては反対側にも対の塚があったが、現在はすでに失われている。

舟形町紫山からここまでが一里、ここから新庄城下を通り過ぎた上茶屋町まで一里とされ、それぞれに一里塚があったが、昔の面影を残すのはここだけとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です