山形県新庄市鳥越

震災前取材

 

鳥越八幡は、寛永15年(1638)、初代新庄藩主戸沢政盛の養子定盛が鷹狩の折にこの地を訪れ、城下を一望できるこの地に社殿を造営し、城下の鎮めにしたと伝えられる。

この鳥越の地は、清水大蔵大輔の家臣、鳥越九右衛門の居城があったところで、その大手口の場所に現在の社殿が建てられている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です