山形県庄内町清川字上川原

震災前取材

 

清川神社は、幕末の志士、清河八郎を祀った神社である。

清河八郎(きよかわ はちろう)は、天保元年(1830)、庄内藩の郷士斉藤豪寿の子として生まれた。本名は斉藤正明。弘化4年(1847)江戸に出て東条一堂、安積艮斎らに師事、その傍ら、北辰一刀流の千葉周作の玄武館で剣を磨き免許皆伝を得、江戸幕府の学問所昌平黌に学んだ。その後、清河塾を開設し、ここに多くの憂国の士が集まった。

万延元年(1860)の桜田門外の変を機に、倒幕・尊王攘夷の思想が強まっていった。八郎は、山岡鉄太郎(鉄舟)らとともに「虎尾の会」を結成し、横浜外国人居留地を焼き討ちし、尊王攘夷のもとに倒幕の計画をたてたが、幕府の知るところとなり、幕府に追われる立場となった。

このため八郎は、京都に潜伏したり、諸国をまわり尊攘倒幕を遊説してまわった。その後、幕府の政治総裁の松平春嶽に、攘夷の断行、大赦の発令、天下の英材の教育を旨とする急務三策を上書した。尊攘志士に手を焼いていた幕府はこれを採用し、八郎は幕府を出し抜き、浪士組が結成された。

文久3年(1863)2月、将軍徳川家茂上洛にさいして、その前衛として八郎は浪士組を率いて京都へ出発した。京都に到着した夜、八郎は浪士らに本当の目的は将軍警護でなく、尊王攘夷の先鋒になることであると述べ、200名の手勢を得た八郎は朝廷に建白書の受納を願い出て受理された。このとき八郎と対立した近藤勇、土方歳三、芹沢鴨らは八郎と袂を分かち、後に新撰組を設立した。

この浪士組の動静に不安を抱いた幕府は、浪士組を江戸へ呼び戻した。八郎は江戸で浪士組を動かそうとしたが、文久3年(1863)4月、幕府の刺客6名に襲われ討たれ首を切られた。享年34歳。首は山岡鉄舟の妻が保管し、後に遺族に渡したという。

八郎死後、幕府は浪士組を新徴組と改名し庄内藩預かりとした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です