戻る

宮城県大崎市岩出山字下金沢

 

前九年の役に源義家がこの地を通った折、阿倍貞任討伐祈願のため、石清水八幡宮(京都)分霊を勧請したと伝えられている。

藩政時代には、伊達政宗が大崎一揆平定の祈願をこめた神社として、一揆平定後社殿が造営され、社領が与えられた。

境内には、大河ドラマの「樅の木は残った」のタイトルに用いられた、推定樹齢5百年の樅の木群が聳え立つ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です