戻る

宮城県大崎市鳴子温泉字西原

 

文治3年(1187)、源義経は北の方、武蔵坊弁慶らを伴って平泉に向う途中、この地で日が暮れ、野宿することになった。

北の方は、瀬見の亀割峠でお産をして間もなかったので、近くの山猿に事情を話すと、山猿はお堂を建て、甘酒で接行してくれた。弁慶はお礼に猿の安全を祈り、この地に地蔵尊を祀ったといわれている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です