宮城県大河原町金ヶ瀬字神山…大高山神社

 

この大高山神社境内にある鉄九輪塔は、文治年中(1185~89)、平泉の藤原三郎忠衡により寄進されたもの。今は原型は失われ、火袋だけが残り灯篭型に作り変えられ保存されている。忠衡は同様の鉄製の灯篭を塩竃神社にも寄進しており、文治鉄塔と呼ばれ境内に保存されている。

この大高山神社がある金ヶ瀬の地には、阿津賀志山の戦いに敗れた藤原国衡が落ち延びて来ているが、この地は平泉藤原氏との結びつきが深かったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です