宮城県栗原市瀬峰字力石

 

この地の旧奥州街道は、築館、高清水、瀬峰の3町にまたがって整備されている。高清水と瀬峰町の境界付近の山あいに、奥州街道の道しるべだった力石がある。ここから南へつづく草地の坂道は、旧奥州街道の面影がよく残っている。力石から北の奥州街道はところどころ途絶えているが、杉薬師のそばを通過するように築館宿へ通じている。

鎌倉源五郎景政の逸話が残る「力石」の場所から南に入ってすぐのところに「三の迫一揆」の碑がある。石母田氏が一揆勢の要求を受理し、解散させた場所と伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です