宮城県栗原市金成梨崎字南沢

 

源義経が、この姉歯の松の地で小休止した折に、この池の水を硯の水に使ったと伝えられる。また、弁慶が矢立を洗ったとも云われている。

丘陵地にあるにもかかわらず、この池の水は涸れたことはなく、水は墨を流したように黒ずんで見える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です