宮城県白石市越河字樋口

福島県と宮城県の県境の峠のすぐ北側に越河(こすごう)の番所があった。この地での旧奥州街道は、現在の東北本線に重なっていたらしく、番所跡の標柱は国道とは反対側のJR線の向かい側にある。この地には古くは坂上田村麻呂が関所を置き、下紐の関として歌 枕に挙げられ有名になった。

越河は仙台藩領の南端に当る宿場で、藩境の警備と往来する人馬、荷駄を監視するため仙台藩から境目足軽がここに派遣されていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です