宮城県白石市斎川字舘山

 

白石市斎川にある鐙摺坂は、奥州街道最大の難所で、かつて、源義経が鐙を岩で摺ったとか、奥州征伐の折の鎌倉軍がこの険しい山道を通るとき馬の鐙が道脇の崖をこすり難儀したとか伝えられている。

芭蕉も奥の細道でこの鐙摺坂を通り、また芭蕉の跡を訪ね歩いた桃隣は陸奥衛の中で「是より才川村、入り口に鐙摺の岩あり一騎立の細道也」と書いている。

少なくともこの桃隣の時代には、馬一頭がやっと通れるだけの道であったということだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です