宮城県蔵王町遠刈田温泉

 

駒草平から臨める不帰滝は、お釜から流れ出る水が、溶岩台地の上を流れ、荒々しい、泥絵具で彩色したような色の岩肌を噛みながら、濁川の五色岳の東部に深く切り込み、高さ97.5mを一気に落瀑している。

・鬼ばばの伝説

その昔、この地には鬼ばばが住んでいて、この地を通る男どもを捕まえ、生き血を吸ってはこの滝に落としていた。このため、あの山へ行った者で帰って来た者はいないということから「かえらずの滝」と呼ばれるようになったと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です