宮城県村田町村田字町

 

村田は、江戸期、仙台と山形を結ぶ街道の分岐点で、交通の要衝の地として、商都の賑わいをみせていた。村田商人は、伊達藩が栽培を奨励した紅花や藍を仙南地方で買い集め、日本海の北廻り航路によって江戸や上方へ運ぶ商取引を行っていた。

この地区には、当時の栄華を伝える豪勢な店蔵が多く残っており、重厚な店蔵と門が一対となり、連続する景観が印象的である。通りの両側には短冊形の地割りが整然と並び、江戸時代の「町人地」の姿を今に留めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です