宮城県名取市植松字山

 

雷神山古墳はその規模において、東北最大の前方後円墳である。この古墳の墳頂に雷神を祭った祠がまつられていたために雷神山古墳と呼ばれるようになった。

この古墳は全長168m(主軸)、後円部直径96m、高さ12m、前方部長さ72m高さ7.2m、前方部前端幅96mの三段築成、葺石をともなうが本格的な周皇はめぐらされていない。

またこの古墳の北側には、直径54m、高さ8mの三段築成で周皇を有する小塚古墳(円墳)が所在する。

これら丘陵上に造営された壮大な大型古墳の年代は、古墳の立地や築造方法、さらに出土遺物から、前期古墳の特徴を持っており、4世紀末から5世紀始めと考えられる。

なおこれらの古墳は、東北の原始古代社会における文化の黎明を担い、仙台平野一帯を統治した地方豪族の首長墓である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です