宮城県名取市愛島塩手字野田山

 

現在、宮城高専や県立ガンセンターがある「野田山」の南側に「野田の清水」と呼ばれた清水が湧いていた。

昔、前九年の役の折に、源義家が高舘の大館山にこもる安部貞任を攻めたとき、義家はこの清水の近くに陣を敷き安倍貞任を攻めたが、なかなか攻め落とすことができなかった。

そのため、義家は自らこの地から馬を乗り出し、大館山に攻めかかったと伝えられる。それ以降、この清水を「馬出清水」と呼ぶようになったと云う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です