宮城県名取市手倉田字山

 

十三塚総合運動公園付近の、標高30~40mの低丘陵上に十三塚遺跡が広がっている。縄文時代から古墳時代にかけての複合遺跡。

昭和15年(1940)の調査で、多くの石製模造品や特徴のある弥生土器などが採取された。この土器は、西日本の弥生前期の土器に類似し、西日本からかなり早い時期に弥生文化がこの地に伝わって来ていたことを意味する。

また、この丘陵上には、今も凹んだ状態で、古墳時代の43カ所あまりの竪穴住居跡が確認でき、これまで発掘されたものも合わせると160軒余りの竪穴式住居跡が見つかっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です