宮城県名取市名取ヶ丘二丁目

 

現在、新興住宅地になっている、名取ヶ丘一丁目から二丁目付近は、かつては「淡路山」と呼ばれていた。

この地は、昔、藤原秀衡の家臣の、杉山淡路の居館があったと伝えられている。源頼朝の平泉追討の際、杉山淡路はこの淡路山に篭り戦い敗れた。

現在、この地からの眺望以外、往時を偲べるものは何もない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です