宮城県仙台市若林区今泉二丁目

 

別名:玄蕃館

現在熊野神社が建つ位置が、今泉城の東側と考えられる。調査の結果からすると、この地から、掘立柱建物20棟の跡、1200個の掘立柱穴、井戸跡18基、平安時代や中世、近世の建物跡が確認され、弥生時代から近世にかけての複合遺跡。

古文書では、この地に国分氏家臣、須田玄蕃の館があったことが記されている。時代が重なり、多くの建物跡が確認されて入るが、城館としていつの時代からあったかは不明。

現在、宅地化が進んでいるために、城域や城の規模は不明だが、周囲には土塁、水堀が巡っていたという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です