宮城県仙台市宮城野区岩切字三所北

 

この板倉は、戊辰戦争(1868)に際して、岩切の大沼氏が払い下げを受け、屋敷内に移築したものを、昭和4年(1929)に現在の所有者である日野氏が買い受け所在地に移築し倉庫として利用しているものである。

桁行三間、梁間二間、木造、床敷、切妻造本瓦葺の二階建ての板倉の妻側に桁行一間半、梁間二間の木造、床敷、切妻造本瓦葺の平屋建ての板倉が隣接した親子倉形式である。窓はなく、出入り口のみで堅固な壁を持っている。

建築年代は江戸時代後期を降らないものと考えられ、数少ない旧仙台城関係の建造物である。仙台城二の丸の勘定所の板倉とも伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です