宮城県仙台市宮城野区原町三丁目

 

 

ここは藩政期の要路であった塩釜街道の起点となったところで、嘉永6年(1853)に造立された 道標石が立つ。市内随一の堂々たる道標石である。原町は、塩釜街道、東浜街道振出しの宿場として明治に至る三百年の間繁昌した。

「南、長町宮城野いてふ道」「北、塩かま松島」「東、八幡八まん、七はま」「西、御城下」とあり、仙台城下入口の石標として街道の名物であったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です