宮城県仙台市青葉区中央一丁目

 

仙台駅の北側に、東北本線の跨線橋があり、この跨線橋を通る道路は、東端では、鉄砲町を通る道路と、二十人町を通る道路に分かれ、西端は、広瀬通りと、名掛町入り口へと分かれており、橋を中心にエックス状になっているところから、誰ともなく、X橋と呼ぶようになった。

このX橋の界隈は、駅の表の顔の青葉通りとは対照的な、かつていわゆる赤線地帯だったこともあり、駅裏の猥雑な顔を持ち合わせていた。昔のこの近辺を知るものは、この辺りを通るときに、いまだに妙な緊張感を感じると言う。

現在、駅東の地区は再開発が進み、このX橋周辺も大きく変貌している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です