宮城県仙台市青葉区一番町

 

慶長の昔、ここに城下町が開かれたとき、芭蕉の辻を中心として仙台城大手門から東へ一直線に大通りに沿って大町を割り出し、更に芭蕉の辻において、大町と直角に交わる南町と国分町等の幹線、即ち江戸街道と南部街道とを開通した。次ぎにこの幹線に直角に、または並行して四方に街路を通した。そのうち東へ順次直角に割り出したのが、東一番丁から東十番丁である。

目抜きの町である東一番丁は、仙台随一の繁華街として、東京の銀座通りのように、仙台の象徴として全国的に知られてきた。現在は、東一番丁は、東の文字を省き、一番町となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です