宮城県仙台市青葉区広瀬町…知事公館

 

現在の知事公館の門は、仙台城の城門の一つと伝えられ、大正時代に第二師団長官舎の正門として移築された。どこの城門であったかなど詳細は不明。

切妻造本瓦葺の四脚門で、扉は移築時に新しく付けられ、鯱は昭和46年(1971)に修復されたときに載せられたものである。仙台城の城門としては小規模であるが、端正で豪快な趣を持ち、建築年代は幕末と考えられる。旧仙台城の面影を伝える数少ない建造物である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です