宮城県栗原市金成津久毛字平形松迫

 

宮城県金成町の津久毛城跡の主郭西側に杉目太郎行信の供養碑がある。「源祖義経神霊見替」と刻んである供養碑は、明治期に建てられたものだが、古くからこの地には、杉目太郎行信が義経の身代わりになって死んだと語り継がれている。

太郎行信については、義経の母方のいとこで、年や背格好が義経と似ていたため、義経の影武者となっていたと言われている。また行信は、信夫庄司佐藤基治の子供で、福島市の杉妻(すぎのめ)城の城主だったとも伝えられる。

この杉目太郎が、義経の身代わりとなって死んだという伝承が、今に伝わる義経北行伝説の始まりになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です