宮城県仙台市青葉区東照宮一丁目

 

東照宮は、徳川家康を祀るために全国各地に造営されたが、仙台東照宮は、その中でもすぐれた建築として知られている。承応3年(1654)仙台藩二代藩主伊達忠宗の創建によるもので、幣拝殿と本殿が透塀により隔てられた形式である。幣拝殿は、昭和10年(1935)に焼失し、昭和39年(1964)に再建された。

 

・東照宮本殿

本殿は、桁行三間、梁間二間、入母屋造銅瓦葺で、三方に縁をまわし、一間の向拝が付く。正面と側面の桟唐戸は、麻の葉繋ぎの地紋に天女や唐獅子の彫刻が施されている。内部は内陣と外陣に分かれ、漆喰、金箔、七宝の金具等で装飾されている。内陣には入母屋造、柿葺で絢爛たる彫刻や飾り金具、彩色が施されている屋形厨子が安置され、徳川家康を祀る。

 

・唐門、透塀

唐門は、一間一戸の向唐門で銅瓦葺、扉には鳳凰、麒麟の浮き彫りを施している。透塀は一周延79.4mで本殿を囲み、銅瓦葺屋根、一定間隔に格子を取りつけた連子窓を付け、腰壁には桟をたすき状に配している。

 

・随身門

随身門は、寺院の仁王門にならったもので、随身姿の二武将像を安置している。楼門形式による三間一戸の八脚門で、入母屋造、銅瓦葺の重厚な門である。左右に袖塀が付く。

 

・石灯篭

附指定の石灯篭は、承応3年(1654)刻銘30基、延宝8年(1980)刻銘2基、天和2年(1682)刻銘2基の計34基で、昭和53年(1978)の宮城県沖地震により被害を受けたが、修復された。

 

・鳥居

花崗岩で作られた明神鳥居で、承応3年(1654)の刻銘があり、備前から運ばれたものである。備前は忠宗夫人振姫(徳川秀忠の養女、池田輝政の娘)の出身地である。

 

・手水舎

承応3年(1654)の創建で、切妻造、本瓦葺、一間四方の吹き放しである。中心に花崗岩の水盤が設置されている。簡素な造りで良好な保存状態である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です