宮城県大衡村大瓜字下南沢

 

江戸時代の出羽街道から、ここで最上街道が分岐した。

「右なかにゐた 左ゆとの山道 大くつかけ吉岡下町」と石に刻まれている。

出羽街道は、

中新田→岩出山→池月→鳴子→中山峠→向町宿 (鳴子道)

中新田→岩出山→池月→鬼首→出羽領湯岱→横堀宿 (鬼首道)

最上街道は、

王城寺→小野田→漆沢→軽井沢番所→上畑→銀山→尾花沢…
を通り出羽三山の一つの湯殿山参詣に往来した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です