宮城県七ヶ浜町花渕浜字寺坂

 

花渕館は、多賀国府の留守職、伊沢家景の家臣がこの地に城を築き、地名を姓とした。花渕崎の一角の館崎にある。東は絶壁で海に臨み、南に続く尾根には空掘を配し、北は城外に空掘を配していた。西側が大手口の様で、現在は水田だが、かつては谷地と入り江が複雑に入り組んでいたようである。

花渕氏は、代々「紀伊」を称し、留守氏の着座の列に加わり、留守政景が伊達から嗣子として入った時には、政景迎立派の中心的な存在であった。

花渕氏は鼻節神社を崇敬し、また防波堤を築き、海藻、貝類の繁殖にも意を注ぐなど自領の治世にも心を砕いたことが伝承に残る。

その後、留守氏は伊達の一門として水沢に移ったが、花渕氏もこれに従ったと伝えられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です